弁護士・弁理士

経歴
1986年(昭和61年) 東京大学工学部建築学科中退
1991年(平成3年)−1994年(平成6年)
  中村合同特許法律事務所
各種工業所有権に関わる訴訟、ライセンス契約、
鑑定業務等に関わる
1994年(平成6年) 窪田法律特許事務所を開設
工業所有権を中心とする各種業務を遂行し、
現在に至る
資格
1991年(平成3年) 弁護士登録(現在第一東京弁護士会)
1993年(平成5年) 弁理士登録
会員 国際知的財産保護協会(AIPPI)
アジア弁理士協会(APAA)
ライセンス協会(LES)
日本商標協会他
現職 桐蔭横浜大学法科大学院客員教授(知的財産法)
著書・論文 「Intellectual Property in the Global Marketplace」(共著:1999年John Wiley & Sons)
「こんなときどうする会社の法務Q&A」(共著:第一法規)
「ビジネスモデル特許入門」(事務所著:2000年エクスメディア)
「知っておきたい主要判決、『パーカー』事件」(パテント2000年10月号)
「知的財産権辞典」(共著:2001年三省堂)
「実録・特許紛争」(日経バイオビジネス2002年7月号〜12月号)
「大場正成先生喜寿記念・特許侵害裁判の潮流」(共著:2002年発明協会)
「建築物の著作物性」(知財管理2004年8月号)
「実施許諾契約と許諾外の行為」(AIPPI月報2005年6月号)
「ネット時代の商標と商号」(事務所著:2006年エクスメディア)
「知的財産法の理論と実務」(共著:2007年新日本法規)
言語 日本語・英語